architecture
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 熱い! | main | 色の感じ >>
琉球
先日、施主から「史記」(司馬遷)と「十八史略」(曾先之)を読みなさいと勧められました。
両方とも陳瞬臣氏のものが良いとの事...。
早速、アマゾンで....と思いきや、BOOKOFFへ行ってしまった。
目的の本は置いてなく、アマゾンで買うかな〜と...。
陳氏の棚を眺めつつ、「琉球」という字になぜか惹かれて買ってしまった。
「琉球の風」
なにやら、昔NHKの大河ドラマにもなったらしいのですが、その頃は、TVなんて全然観てない時代ですので知りません。
島津の琉球侵攻辺りの話ですが、日本史の知識が乏しいのと、沖縄の地名・人名など読み方が難しい..。
小説ですが、歴史的な背景から琉球側、島津側、徳川側、明側、南蛮側、英側、蘭側とそれぞれの事情によって繰り広げられている事が良く分かる。現実の人間関係もこんな感じなんだろうな〜と...。
海の道が開けだした時代の新しい文化を目にする興奮はたまらなかったと思う。
また、陸の道で醸成されたローカルな文化も各々が色濃い時代でもあっただろうし
沖縄に行きたくなりました。

って事を思っていると、あるメールで星野リゾートの新しい施設「星のや 竹富島」を目にしました。
なんか、あ〜琉球っぽい〜って思いつつ(イメージ)、行きたいよ〜とも思うのだが、本当にこれで良いのか?とも感じてしまう。重伝建地区内にあるらしいのだが...。疑問を感じる理由は説明できないけど、それを体感すべく行かなくてはならないな〜と心に決めた次第です。
| 独り言 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nonoji.net/trackback/936884
トラックバック