CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
岩崎勝平の視線
昨日の続きで考察を行う。
残っている写真で確認出来る2枚の写真(昭和26〜27年撮影・昭和30年代撮影)とほぼアングルは同じだが、違う点は、一番街の通り自体を描いていない事。メインは、恐らく瓦の屋根の町並みの中に埼玉りそな銀行(現存)と川越貯蓄銀行(現存しない)って事になるのかな?
では、この絵は、何処から描いたか?って事を考える。
写真は、山吉ビルの屋上から北方向に一番街を撮影している。
岩崎勝平のスケッチは、もっと奥(一番街からみて西方向)からのアングルである。
遠近法の感じからも写真は、屋上(3階に北面の開口が無いので間違いない)であるが、それより少し低いアングルである。そう考えると、現在の山吉ビル奥にあった木造洋館3階建ての3階の窓から眺めてのスケッチだったと予想出来る。(木造洋館3階の方は、パラペット付きだが勾配屋根で一般人は、上がれなかったと思われる。)
スケッチ自体は、1952年のようであるので、当時は「丸木百貨店」(まるひろの前身)の時代だ!
1983年には、この洋館木造3階建ての建物は、解体されているので、このアングルから今は見る事が出来ない。
しかし、百貨店の窓からスケッチをする姿を思い浮かべると、色々な思いが浮かんできます。
だいたい、描いたものがこんな使われ方するなんて絶対に思っていなかっただろうな〜って...。
| 町並み | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
岩崎勝平
今日は、図書館にて調べ物!
あっちこっちに目が行って本題だけでは済まないのが問題だ...(笑)
図書館に行く前に、岩崎勝平画伯(川越の鬼才?)が描いた「川越十景」なる素描画が有る事を知る。
(本人については、ネットで検索してくださいね〜一杯出てきます。)
川端康成に「神様絵描き」と言わしめた?そうですから、それなりの情報が載っているのでは...?
早速、手配を行って図書館へ...。
夕方帰るとバッチリ返信あり!
欲しい所が微妙に...ほんと微妙に描かれている!(この感動はわかりますか?)
お〜〜〜っ!
でも...ちょっと予想と違っている...。
明らかに予想と違う位置に窓が...。
描き間違い?って事は無いよね...鬼才ですから...。
謎が深まる資料となってますが引き続き探すしかないな。
逆にこの位置にある事を前提として検討ですね。でも、このいちだと桁に当たっちゃうんだよな〜。
| 町並み | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Unbuild
三芳野名勝図会今年最後のお仕事?って事で近くの病院へ行ってきました。数日前に手術をされた後で、すかっり痩せてしまっていましたが、不思議な依頼を受けました...。
って云っても、最近自分でも何屋?か解らない様な事ばかりなので全然気にしていないんですがね。
Unbuildってタイトル通りなんですが、建っていた?のかな?ちょっと資料をよく読まないとその辺は解らないですが、そんなものを復元するってお仕事です。当然、Unbuildなので建ちませんが...(笑)
ただ、数行の文言からってのが難題です(涙)
関連して、今日は除夜の鐘で「時の鐘」を衝きに行きますので、色々と撮影してくる任務も...。
それで、ホントに今年が終わりです。(恐らく年越しちゃうだろうな〜)

| 川越 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっと納得
小屋裏図面を描いているとどうもよく解らん!って事で、再度小屋裏に潜入...。小屋裏入ると、全身真っ黒になるし特に鼻の穴の中、のども真っ黒になるから...ほどほどにしたい所。今日もマスクして入ったけど全然効果なしだったな〜。
しかも、小屋梁の上をちょっとづつ進んでいると電球を落としてしまい球が切れた!
う〜〜真っ暗じゃないかよ〜って...。
仕方なく、折角進んだ5mを一歩づつ手探りで梁を確認して戻る。
さて、電球!電球!
こんな真っ黒で買いに行くの嫌だな〜
おっ!一階のスポットライトの電球使えるね〜って事でお借りして再度潜入し、一番奥までたどり着いたのが写真です。移動距離7m足らずなんですがね〜
この屋根の谷の所(写真左手の細い黒い隅木)が母屋との関係とかが、ここまで来ないと解らなかったです。
母屋の配置は、ずいぶん不安定だな〜隅木も細すぎだしな〜。
折角ここまで来たので、桁の下端を手探りで探る。
ホゾ跡を探して...ここに有る筈...。が...無い(笑)
う〜ん、じゃ〜この辺?....無い(爆)
おいおい!全然解らないじゃないかよ〜。
調査に入れば入るほど迷宮へ。
解体時に見るしかないか....。
| 建築 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
原寸模型
化粧垂木模型すっかり?って云うと語弊がありますが忘れていた....。化粧垂木の原寸模型作ったので見に来ないか?と大工さんから連絡を受け行ってきました。長期荷重の変形を抑える方法を模索中とのことでした。メンバーが細いので、どうやって留めるか?取り合いで隙が出ない様に溝彫ってって云うのもどんどん細くなるから...。
でも、う〜んなかなか良いぞ!これやめて、ここはこうしましょうを決めてきました。
来年早々には、工事始まるかな〜?
| 建築 | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
オリジナルを求めて...
人造石研ぎ出し先日、天気が良かったので再再度?の調査へ急遽行くことにしました。
オリジナルって「独自性」の意味じゃなくて、「元々」探しである。
昭和初期、看板建築へ移りゆく経過でディテールの簡素化が進む。川越に残る洋風町屋の中でも特異なタイプのこの長屋?建築を観察しましょう!って事で、一枚目の写真は、2階上部の壁面につく小窓風の物。
これは、「人造石研ぎ出し仕上げ」で造ってあります。壁面は掻き落し...。
簡素化って書いたけど全然簡素じゃない(笑)
人造石洗い出し二枚目は、パラペットの意匠で「人造石洗い出し仕上げ」です。ギザギザの山形(他の所では、半円で繰り返してる部分もある)です。山の大きさに変化を与えて陰影で遊んでいる辺りが憎らしい。ちょっと遠目で見難いけど、大きい山と小さい山は、仕上げを変えている感じだ。小さい山は掻き落しにしてるか、洗いを軽めにしてる様である。
意匠の簡素化は進んだと云っても、現代と比べるとそれでも手間の掛り方は半端無いな〜とつくづく感じます。
出幅500mmの庇に乗ってのビビリの写真なので解りにくいですが、堪能出来ましたでしょうか?
| 町並み | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
表記の仕方
時の架け橋2012小江戸ライトアップ事業の一つとして鍛冶町公園ならびに一番街に行った物も明日のブルーライトアップを最後に終了します。鍛冶町公園内の物は、クリスマスまで点灯していますが...。

今回の事業は、新聞記事など多数のメディアを含めネット上にアップされています。
係わった一人として気になるので見るのですが、内容から表記に至るまでどうも正確性がイマイチだ(笑)
観客としての個人的なブログなどならまだしも、公式なメディアの記事(J社)の間違いはあきれるしかない。
この記者は、現地も見ずに書いているなんだろうな〜。色々なネット上の情報や、過去の情報を組み合わせるとこうなるんだろうと...。

一番多い間違いは、ペットボトルの本数です。
正確には、「時の架け橋2012」が1100本で、「時の灯り2012」がツリー部で352本で芝にじか置き部で400本程度です。合計すると、1900本程度なんですが....。
あっ!ビニールバックにも入れてあるから+200本ぐらいですね。それでも2100本ですよ!
それが、最低2000本でMaxニ万本まであるんですよ〜(爆)
まぁ〜2100本じゃ〜面白い記事に成らないからって気持ちなんでしょうし、多くの人に興味を持ってもらう一つの手法なのでしょうからいいか...。

そして一番気になるのが、「まちなみ」の漢字表記です。
今回の記事やブログの中で使われる表記で一番多いのは「街並み」です。
間違いではないらしいのですが、川越の場合は「町並み」の表記を長く使ってきているのに、ここに来て一気に「街並み」に成ってしまった感が強いです。

調べると、それぞれに漢字の意味があるようだし、マイナスなイメージもあるようですね。
それはさておき、「川越」というブランドを考えた時に表記の統一は重要だと思います。
特に「町並み」という言葉は、切っても切れないワードの一つです。
最低限のワード表記は、市として規定すべき!は言い過ぎでしょうかね?
| 町並み | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
伝建地区ブロック会議
会場昨日は、平成24年度全国伝統的建造物群保存地区協議会 関東・甲信越静ブロック会議に講師?として出席してきました。

各伝建地区伝建担当者の行政の会議に民間団体の一員として出席し、日頃の伝建地区内での活動や問題点などを発言...。
川越に限らず、どこの伝建地区でも程度の差はあるにしても、ほとんど同じような悩みを抱えている事を確認出来ました。
意外だったのは、「修景」という言葉に対する認識の違いが大きくある事でした。
奥深く理解できたわけではないですが、個人的には、え〜それで良いの〜?って感じを凄く受けました。
もっと勉強しないと駄目なんでしょうね...。反省
| 川越 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
続飯(そくい)
蟻加工された竹大正元年に増築された便所の建具の修理に立会ってきました。
丁度100年前なんですが、建具一枚にこめられた物にただただ....驚くばかりでした。
先ずは、タイトルの続飯(そくい)ですが、糊です。
建具の底がすり減っていて嵩上げするために板を張り付けて合ったのですが、お米を潰して練って糊として使われていました。
当時の接着剤ですね(当時といっても出来た時に擦り減ってたわけじゃないから...何時頃まで米糊は使われていたんでしょうかね?)
次に、写真の物ですが、竹を半割して、内部に蟻の溝を彫っています。細かすぎる.....。
目板の竹で、これが取りつく部分がこの写真!
腰板などで幅広の板を継いでいる部分の目隠しを竹で行っています。写真では、丁度継ぎ目の部分ですが、竹の長さや位置をデザインして上手く配置されています。
枠は、卍組のような感じで作られ、幅木の人造石研ぎ出しとの絡みも泣かせます。
研ぎ出しをした今は亡き職人さんに、この場所を倉庫にしようとした時に、小僧の時に研いだものだから止めてくれ!って言われたそうです。
| 建築 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
10年来の問題が解決!
今日は、良い気分だ〜!
なんて云っても、10年間、ほぼ毎夏頃に問題に成っていた事が解決した!
夏は暑い→エアコンを付ける→否!→窓を開ける→当然です。
この窓が問題だった。
上げ下げ窓は要注意!
設置場所・大きさ。設計の基本だ〜って話もあるが...。
先ず、設置場所!
高さは良いとして、手前に腰までのカウンター上の収納などを作りつけてはいけない!
居住者が、年々体力がUPして行くことは考えにくい。
上げるのに負担が増すから...。
しかも、手前に障害物となる収納なんか有ったら上げにくい。
次に、大きさ!
ペアガラスで障子自体が重くなるとさらに上げにくい。
だから、小さくね!
って弁は、建具屋さん。

いやいや、上げ下げ窓として商品として売られている以上、
そんな全身の力を込めてあげないといけない様な商品は、問題だろ〜!
製品として問題があった!と云うのが施主!

部品を納品して組立てからは、建具屋さん・建設会社の責任。
商品としては、5kgの重さぐらいで上げられる様に作られているとの弁がサッシメーカー!

おっと〜一週してきたぞ!

設置した建具屋が毎年調整を行ったが、年々重くなって行く。
終いには、力いっぱい上げたのに、手を離すと落ちてくる...。

まぁ〜どう考えても、内部のスパイラルバランサーが壊れているとしか考えられないんだけど...。
はい!正解です。
スパイラルバランサーを交換して指一本で上げられるようになりました。

そもそも解決がどうしてこんな長く掛ったのか?
夏場にしか開けない!→多少なら我慢できる→一応調整らしき事をしてた....。→年々悪くなる。
しかし、猛暑の今年は限界って事で上記話になった訳です。

いずれにしても、のどの奥の骨が取れて良かった。
| 独り言 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/15PAGES | >>